みかぶし。

TW2『シルバーレイン』で活動中の南・成実(b80160)と同背後キャラ、及び背後の呟きや雑記。

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< <ちいさな こいの おわるとき>プレ。 | TOP |

2011.09.05 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2011.09.05 Monday

ひとでなしの悦び。

 んひひひひひひひひひひひひ、と。
 少女の形をしたひとでなしが笑う。


 その体は酷く傷つき寝台に転がったままだが、彼女にとっては傷の痛みも捩れそうな腹筋の痛みも等しく些細な痛痒に過ぎない。
 この体は筐体のようなものだ。幾らでも替えは効くし、この怪我にしてもたかが5日で直ってしまう。
 故に、愛着はあったとしても執着することはあり得ない。
 この程度の対価であの見世物が楽しめたなら安いものだ。

 思い出し笑いに、少女がまたのたうち回る。
 寝台の横で梨の皮を剥いていた和服の人物も、特に気にする様子もなく手を動かし続けている。
 記憶を反芻するだけで暫くは楽しめるであろう。先日仕事で始末した、名も知らぬ少女の痴態。
 刃ではなく言葉で心を折られ、己どころか現に立ち戻った理由さえ忘れ、恋した相手から貰った花束を倒れた相手に叩きつけた。狂乱のうちに何度も何度も。
 特等席で見たその様には、愉悦を超えて感動さえ覚えた。彼女の憎悪と攻撃の対象が自分であった事は、この場合には寧ろ喜ばしい。
 そうなるように仕向けて、正しくそうなったのだから、少女の形をしたひとでなしにとってこれ以上の悦びはないのだ。

 故に、再びひとでなしは哂う。
 んひひひひひひひひひひひひ、と。
 静かに静かに、いつまでも。

2011.09.05 Monday

スポンサーサイト


14:50 | - | - | -

コメント

コメントする









▲top